プロフィール

現在のスペック

スピードは26~27km/h、回転数は7rev/secで420rpm。
アラフォー、身長162cm、体重63kg、太り気味。
血中コレステロール、中性脂肪基準値上限オーバー。
成人病まっしぐら。

8rev/secも可能だけどスピードが落ちちゃう。

この動画は一応同じところを狙ってるつもり。
平気で2枚以上ズレてる。
コントロールスペックはこんなもんwww
それでもポケットに集まるからハイスコレーンなんだろうな~
それとも自分にとっておいしいラインなのか。

その見極めもよくわかんないw
ライン読めないウチはやっぱ初心者なんだよね。
その証拠にスコアが安定しないわけだし。

自転車通勤再開しても食生活まで見直さないとダメだねw

| | コメント (21)

あらためて

ご挨拶。

ボウリングは皆さんご存知のボウリングですw
普通の人は「ボーリング」って言うと思いますw

自転車を「チャリンコ」というと怒られるのと一緒です。
ロードチャリ とか、マウンテンチャリ って言わないですよね。
少なくとも自転車乗りの人は。

これと一緒です。
正しくは「ボウリング」です。

ピンを倒してトータルスコアを競うのが
スポーツとしてのボウリングになるのですが、
いかにして倒すか、いかにストライクを量産するか
試行錯誤するわけです。

ストライクが出やすい条件はいろいろあるのですが
「強い球質」というのに私は着目しました。




説明めんどくさくなってきたwww

要は、アメリカのプロボウラーとかが投げるような
凄いスピードと回転数のボールを投げれる様になりたいのです。

あのような投球を可能にする手段の一つに「ローダウン(和製英語)投法」というのがあります。
私はその「ローダウン投法」をマスターしたくて日々悩み、薄毛と格闘しています。

今現在の投球フォームとラインはこんな感じです。 ※随時更新

2008/12/28

2009/03/13

11

2009/05/03

| | コメント (1)

快適アイテムその1装着してみた

P1030345_3

こんなんでも、通勤にしか使わないよww
レースなんでトンデモナイ。
中年メタボライダーには高級機材がよく似合うw

安いロードで練習にいそしんでた頃は
中年メタボライダーの高級マシンをアレな目で見ていたなw

今度はその視線、私にください。

| | コメント (2)

通勤仕様の自転車

これが極上の通勤を約束する、多摩サイ通勤スペシャル号だ!!

Dscn0701_2
 
 
 


 

 
 
 
 

いや、ウソですw

うそかよ!w
いや~~こんなディープリムホイールで
多摩サイかっ飛んだら、さぞ気持ちいいだろうな~ という妄想w
このホイル持ってる知人から写真撮影用として借りただけ。

やっぱ気持ちイイ?イイの?こんなホイルで平地カッ飛んだら?

ほんとはこれが実際の通勤仕様の自転車。

Vfsh1002
 
 
 


 
 
 
 


いや、ホイールしか変わってないけどw
通勤なのにキシリSLにコンチGP4000は贅沢ですかね~
でも、そこには私なりの考えがあります。

世の中の風潮として「トレーニング&通勤は、安いタイヤ」って感じだけど
そういうタイヤって、走っててぶっちゃけ楽しくないですよね?

ああ、タイヤに楽しさ求めないですか、そうですか。
それに皆さん、バンバン走るから高いタイヤでトレーニングしてたら、
金食ってしょうがないですか。そうですか。

自分の場合、楽しいと思える要素はどんどん取り入れないと続かないのでw
高いタイヤはまず、気分がイイw
それだけでプラシーポ効果が上がります。 
なんか乗り心地いいんです。So!高いからw
ガンガンコーナーも攻めます。So!高いからw

とは言うものの、自転車通勤やり始めた頃は安いタイヤ使い続けてました。
一度ProRace履いた時に衝撃が走ったんです。
「ゴムシートの上を走ってるかの様な乗り心地の良さは一体なんなんだ!」と。
(まあタイヤ自体ゴムですけどww)

それからです。楽しいタイヤ探しする様になりました。
値段は実勢価格で4000円/本ぐらいのを探してます。
特に重視するのは乗り心地。それでいて転がり抵抗低けりゃ文句なし。
今はPro2Raceがお気に入りですが、もっといいタイヤ知ってれば教えてくださいませ。

次にキシリSLですが、これは通勤途中でトラブルを最小限にしたい為です。
キシリのいいところは、とにかく頑丈。
「値段程の性能ないよね~」なんていわれてるキシリだけど、まあ私もそう思いますw
でも頑丈第一ですからね。
自転車通勤でスポーク折れてニッチもさっちもドッチーモ(ブルドッグじゃないんだ)だけは避けたい。
落車して象に踏まれてフレームは曲がっても、キシリはなんともなかったという話は
有名でもなんでもなく作り話(ひどいオチだ)。
でもキシリを使ってる本当の理由は、カッコイイからw
でもでも、ほんとに好きなのは2003モデルの黒のキシリ
2004からシルバーになってなんかイマイチ。
自分が自転車やり始めた頃の自転車カタログって、ハイエンドバイクにはキシリが装着されてて
憧れの対象だったんですよね。
今、パッとみてカッコイイかと言われるとイマイチなんだけど、当時の想いを大事にしたいのでw
たまに使うんじゃなくて、毎日使う。ここ重要。


という事で、この一見贅沢な仕様も私には必要なんですよね。
走りも気分も楽しくする為に

「ヘルメットはネクタイ」と同じ思想ですね。要は


ちなみに、、、通勤仕様がこれなんだから、レース仕様は、、、、、
35000円のホイルに2600円のタイヤですww 
でもこの組み合わせ、レースでは最高のコストパフォーマンスを発揮。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

プロフィール11(チャリクラ)

冒頭に、所属チームは「チャリクラ」と言いましたが、特にチームと名乗る程の体系でもなく
軽いノリで会社の仲間だけで立ち上げたチーム。

最初は、MTBのチームエンデューロに出て、ワイワイやってたんですが、交替する時に探すの大変。
ゆっくりくつろいでたら、もうピットに来てたw ゴメン!w とか。

なもんで目印になるように、チームジャージ作ろうか!! って話になり作ったジャージがコレ!
Ws0108

目印にならなきゃいけない以上は、目立たなくてはイケマセン。
あまり凝ったデザインにすると、逆に他のジャージに埋もれてしまうので、なるべくシンプルにしようと。

シンプルかつインパクトあるジャージがいいなという事で、こんな頭悪そうなジャージが完成したw
こんなふざけたジャージ着てて速かったら、逆にカッコヨクね?↑(語尾上がり)
で、抜かれたら背中のポーズを拝んでもらうw 
レースで辛くても笑ってくださいねw

--------------
今日の通勤
往復共に最短64km。
帰りは全域向かい風でキツかった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

プロフィール10

と、ここまで説明したことで大体わかって頂けたと思いますが、「いい加減」ですw

でもそんなところを含めて「自分が大好き」ですw
人生に後悔ないどころか、生まれ変わってもまた今の自分でいいというぐらい満足してます。

「今を生きる」

「今日の晩御飯のおかずも決まってないのに、明日の予定を考えてどうする」

これが俺の基本コンセプトw
(計画性がない、いい加減の極み)

---------
今日の通勤
往復共に最短 64km。

| | コメント (3) | トラックバック (4)

プロフィール9(通勤コースⅡ)

昨日は最短の通勤コースの紹介でしたが、
たまーーにモチベが高い時は遠回りしちゃったりする。

<朝の遠回りコース>
1.多摩サイをガス橋まで行ってUターン。平地オンリー。41km。
2.3大坂コース(俺の思い込みの3大)。いろは坂-連光寺坂上-よみうりランド坂を経由。36km。
3.尾根幹コース。多摩テック-尾根幹。46km。
4.おはサイ。連光寺坂上-尾根幹を使った周回コース。70km超。

<夜の遠回りコース>
1.3大坂コース。よみうりランド坂(裏から)-連光寺坂上(大丸から)-いろは坂(裏から)。36km。
2.尾根幹コースα。よみうりランド坂-尾根幹-多摩テック。50km。
3.峠コース。尾根幹-町田街道-大垂水峠。70km超。

朝の遠回りコースで厳しいのは、知る人ぞ知る「おはサイ」でしょう。
去年の6月に初めて参加させてもらって、その強度の高さに驚いた。
早朝からインターバル強度の練習して、死んだりしないのかな?w って思ったぐらいw
未だに最後のスプリント勝負に絡めた事はなし。
おはサイに参加する為には家を4:30ぐらいに出ないといけないので起床時間は4:00。
まだ若いので(怒られそうw)この早起きはキツイ。
そしてあの強度。そのまま会社に行って瀕死。ほんとにガラクタになるw
昼休みになると「ネロ!ネロ!ネナイトシヌ!」と身体がWARNING信号出すので
身体のスイッチOFFにして寝る。
おはサイって、実は身体に悪いんじゃないかと思うようになってきたw
でも、あまあまの私にはこういう環境を利用しないと練習しそうもないので、これからも参加させてもらうつもり。
今年の目標は「スプリントに絡めるまでになる!」ってとこかなぁ~
レースでの目標はないくせに、おはサイの目標はあったりするww

夜の遠回りコースは、朝のコースを逆に辿ったのが殆どだけど、
峠コースは定時退社できて、尚且つ、モチベが天井知らずの時ぐらいにしか行かない。
つまり殆ど行かないって事ww
私の弱点は「長い上り」である。
これは普段走ってないのだから当然である(平地は強いって言ってるわけではないですw)。
首都圏に住んでる人のウィークデーの練習は、丘レベルの坂を上手につないで上りの練習をしつつ、
週末にクラブラン等で峠に繰り出し、存分に千切り愛を確かめ合ってると思うのだが、
私の場合週末は走らない(走れない?)ので、峠クラスの坂を走る機会があまりにも少ない。
なるしまに所属してても、クラブランに出れるのは年に5回ぐらい?w
いつまでも顔覚えてもらえないww
その苦手克服の為に大垂水まで行く様にしたいのだが、クラブランに行く回数よりも多分少ないww
ダメじゃんw

---------
今日の通勤

行き:最短コース32km。
帰り:尾根幹コースα51km。Ascent525m。

| | コメント (7) | トラックバック (4)

プロフィール8(通勤コース)

ラッキーな事に、私の最短の通勤路が「多摩川サイクリングロード」なのである。

自転車通勤している人の中で ”危険が危なくないから” ”信号がないから” という理由で
多少遠回りでも、通称「多摩サイ」を利用してる人はいると思うが、私の場合そんな事考えなくても
多摩サイが最短経路なのだ。ほんとにラッキーだ!

自宅から300mで多摩サイに入ってからは、ひたすら多摩サイを走り、多摩サイを降りてから500mで会社である。

多摩サイを無法地帯と言う人もいるけど、平日の通勤時間帯は、いつもその時間に利用してる人ばかり
なので、結構整然としていて走りづらくない。

個人的に、街中を信号ダッシュしてインターバル的な走りするよりも、信号待ちがない多摩サイで
心拍85~90%をずーっと維持して走る方がよっぽど辛い。
信号ダッシュの方が「もがいた」って満足感得られるけど。
何を言いたいのかというと、「多摩サイはタダの移動に」「せいぜいLSDぐらいしかできない」というのは
間違いだと思うなー って事かなぁ~ 勿論、これは私の考えですけどね。

景色が代わり映えしない夜の多摩サイで、延々向かい風だとほんとに凹みますw
練習!練習!練習!と5万回ぐらい唱えないと「ただの通勤」では済ませられない辛さがありますw

-------
今日は今週初の自転車通勤。
往復共に最短コース。
64km。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

プロフィール7

大体、ひと月の走行距離は1000km前後。
週5日の出勤のうち、多いときで4日ぐらい、少ないときで2日ぐらい自転車通勤してる。
自転車じゃない時の通勤手段は電車。
自転車通勤する理由に

「満員電車はもうコリゴリ」
「電車よりも自転車の方がdoor to doorで早い」

というのをよく耳にするけど、私の場合当てはまらない。
電車の場合、幸いにして始発の駅から乗れるので、満員電車になっても
座りっぱなしなので”満員感(変な例えw)”を味わう事がないし、なんせ寝れるw 
もう最高w
それに電車の方がやっぱ早い。もう毎日電車通勤したいww
早速企画倒れだw

よくよく考えると、自転車通勤楽しんでないんじゃないかという気もしてきた。
全てはレースとダイエットの為なんだなーー
いやいや待てよw
自転車通勤ができなくなったら、もう自転車乗らないと思うので、レースの為でもないな。
どっちが先なのが、鶏卵みたいになってきたww

もうどっちでもいっかw
続けられるまで自転車通勤やるぜ!レースもでるぞ! 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

プロフィールその6(私と自転車通勤)

以下、自分のいい訳を延々と・・・・

自転車通勤を競技レベルUPの練習にあてていると言えば
聞こえはいいけど、これって、早起きして出勤前に「朝練」したり、
帰宅後に「夜練」するのが億劫なだけ。
朝はやっぱ寝たいもんw
夜は帰ったらネットやってTV見たいもんw
そういった意味で「朝練」「夜練」をしてる人たちの意識の高さには
頭が下がります。もちろんそういう人達には成績も付いてくるでしょう。

あ、でも、ほんとに通勤でしか練習できない人も知り合いにいますが、
その人は事情があって”ほんとに通勤でしか練習時間確保できない人”
なので半端じゃない取り組みかたしてる。
でも俺にはとてもマネできる内容じゃないw
なので除外ww(いいんだw)

一度はその人見習って通勤練習でも最大限の効果出せるような
取り組みを試みたの。一応w
けど長続きしなかった。その背景には、練習として成り立たなくても
「通勤」という目的も達成できる為に、どうしても気持ちに隙ができ
ちゃってちょっとした事で中断してしまう。
通勤練習で追い込みすぎて仕事に支障が出ちゃいけないしなんていう、
サラリーマンが大手を振って言える黄金のいい訳もあるしねw
(実際そこまで追い込めないクセにねw)

で、でねw
じゃあ別に、レースなんか出ないで今流行りのエクササイズ目的の
自転車通勤でいいじゃん!ってのもある。
でも片道32kmを「エクササイズ」目的でやるのって無理でしょ?w
帰りも含めたら64kmだよ?その距離を自転車通勤し続けるには
エクササイズ以外の目的ないと無理だと思うわけ。

こんないい加減な取り組みですが、継続してればそこそこ身体能力は
UPするみたいで、ホビーレースならちょこちょこ入賞できでます。
そういうご褒美もあるから、まあ、なんだかんだ言っても楽しいんですね。
ちなみにレースでの目標はぶっちゃけないwww
これが中途半端に取り組む元凶なのは知ってる。
とりあえずレースはなんでもいいから入賞できたら嬉しい!それだけw
あと、太るのはヤダw だから自転車通勤は続けないといけない。
「ダイエット目的だけの行動」もできないので、やっぱり「通勤」の
力が必要になってくるw なんかいい関係じゃんww

| | コメント (3) | トラックバック (4)