ボウリング練習課題

自虐動画

今、自分のフォームで気に入らない箇所を詰め合わせてみました。

自分の体なのに、

何度も動画で観てきてるのに、

一向に直らない。

もはやセンスの問題か。

一度全てをリセットした方がいいのか。

迷うところです。

| | コメント (9)

小指先行2

小指先行が重要な事は一個前のネタで書いた通り。

手首を捻るように意識しても、回転かけようとするとやっぱり解除しちゃう。
小指先行した状態から回転かけられない様なスイングになっちゃってるのかも。

なんか別な方法はないものかな、、、と
色々な情報を漁ったらあったww(昔お世話になった掲示板)

「肘の内側(曲がる側)を常に前に向けたまま振りぬく!!!」

”前に向けたまま” ってのも重要だけど、それよりも重要なのが ”振りぬく” ってとこ。

肘の内側を前に向けたままだと、手首も一緒について来るので、小指を意識しなくても以前程ターンしなくなった。
それなりにボールを後ろから押せてる様なリリースに変わった。

近々動画うpします。

| | コメント (4)

とにかく小指先行

何度もネタして、重要性もわかってるのに、なぜか途中で真面目に取り組まなくなる小指先行。
肩の捻転戻しに入るまで我慢しなくちゃいけないのに、フォワードスイングの途中で解除しちゃう。

・肘入れが早くなって
・脇が甘くなり
・ボールの横に手が回ってしまい
・ボール押せずに
・スピードも落ち
・コントロールも悪くなる。

いい事ないにもない。
小指先行我慢すれば、捻転戻しと同時に解除するだけで勝手にカップになるのもわかってる。

小指先行できない理由を探すというのもアリだけど、そんな因果関係探るよりも

「とにかく小指先行を維持したまま我慢する」

が、今の自分に一番必要な意識かな。

| | コメント (7)

コロコロ

コミックは小学生の頃読んでた。
今はうちの子供が読んでる。親子で世代を超えて読まれる本なんてそうない。
あとコミックボンボンも読んでたw
それはどうでもいいw

そのコロコロじゃなくて、ローダウンの「転がす」について。
自分は転がすというよりは、ブロークンを利用したリフタンって感じ。

リリースの直前で人差し指がボールから離れてる。
これは何を意味してるんだろう。
リリース直前にボールを掌に収める事を放棄してる?
残されたフィンガーでひっかき上げるだけ。

「人差し指の付け根に押しダコができる」ってよく言うけど、人差し指が浮いてたらタコできるわけないよね。
イカも寄りつかない。エビなんて夢のまた夢。

人差し指の付け根に押しダコができてないとローとして完成してないとは言い切れないけども、講師やプロの動画観てもリリースの直前で人差し指を浮かしてる人は皆無だ。

ボールを押せてない、あるいは押す意識がないとこうなるのか。

リリースした後、永野Pみたいに掌が「パー」になってるのがカッコよかったので、マネする様になった頃からこうなったのかは覚えてない。
でも永野Pはリリースした後に「パー」になるけど、リリース前から人差し指が浮いてる事はない。
なので明らかに違う。

でも今はそっとしておこうw

| | コメント (7)

ヒジテクター考察

ヒジテクター装着して投げるとこんな感じ。

多少は肘曲げる事ができるので、やっぱ曲がっちゃうんだけど抑制効果はかなりあります。
さらに、マーキングとしても使える(衝突実験のダミー人形みたいw)。

で、この動画みてわかった事。

・肘が曲がる前から小指先行崩壊してるじゃん。 
-->
”肘が曲がると同時に小指先行が崩壊してる”って思ってた。実は、トップから振り下ろす段階で崩壊してた。

・フォワードスイング中、肘の外側が右方向に回り込む事はないけど、掌は横向いちゃってる。
-->
肘の外側(以後「外肘」。三沢のエルボーの方w)を脇腹にぶち当てる様にシャドーやると掌も一緒についてきて小指先行が勝手にできてる。なもんで、小指を意識するよりも肘の向きを意識した方がいいかも!! って思っていたが、肘の向きと掌の向きは別物。やっぱり手に何も持たないシャドーと、実際にボール持った時で同じ動きにならない事が判明。
ヒジテクターのマーキング効果で、視覚的に脇腹から真後ろまでの間で抑えられてる事はわかったんだけどね~

来週のリーグ戦では、ヒジテクターを改良した「ヒジテクター2」をリリース予定ww(マーキング目的なんだけど)

| | コメント (6)

ヒジテクター

今週はリーグ戦お休み。
代わりにウェルカムトーナメントに出た。

今日は肘曲げ防止装置、その名も「ヒジテクター」を導入した。

私の様に肘が曲がって曲がってしょうがない人の間で、生キャラメル並みに売れてる商品(ウソ
これを付けると肘に相当な圧力を感じるので、曲げちゃいけないという意識が使用者の前頭葉を直接刺激。
医薬品ではないが、厚生労働省許可特定保健用食品みたいな位置づけww

肘の外側に非伸縮性のテーピングを貼っただけ。
非伸縮なので、肘を曲げると剥がれてしまう。
剥がれる=肘曲げ過ぎ という事になる。

こう書くと事後判断にしか利用できなさそうに思えるけど、貼ったその日から恋が芽生える程の肘曲げ防止力。
貼る際は、肘をピーーーンと伸ばして、テープも伸ばしてパッツンパッツンに。

これで

「肘はもう 死んでいる」

一番苦労するのはアドレス時。
肘曲げないとボール持って構えられないからアドレスの姿勢が変になるw
でもなんとかなる。

ヒジテクターを装着すると周囲から
「あちゃ~ 肘、ヤっちゃったの?」
と、心配してもらえるw

その都度説明しなくちゃいけない手間が増えますが、会話が弾むのでうまく利用しましょう。

このヒジテクター、この前のハイレブ練習会で、はぐれさんから教えてもらった装置。
はぐれさんも昔は使ってたとか。

後ほどヒジテクター装着して大会に出た動画をアップします~

| | コメント (4)

忘れかけてた

最近、一般的に言われてるローダウンのやり方と離れてきた感じがする。
それはそれで独創性があっていいかもしれないけど、王道から外れてる事にはリスクが伴う(はず)。

もう一度この動画をみて考えるべきだと思った。


・バックスイングトップでのカップのやり方。
・ボールの重さに逆らわないフォワードスイング。

これだけではないけど、とりあえずこの2点はこの動画に凝縮されてる。

「ボール重い(自分で振りにいってる)」
「フィンガーに乗ってる(かきあげてる)」
「投げたあとバランス崩す」

これらを強く感じるウチはダメなんだと思う。

自分も正解に辿り着いてないからこれ以上の事が言えない。

| | コメント (4)

自分なりのミックス

一瞬カップのビヨヨン方式で行く!

と、宣言はしましたが、色々試した結果。

「積極的に肘を使う、常時カップリスト方式」

で、いいんじゃね?
という事に気づきました。

今までは常時カップリストを意識するなら、肘は使わないPBA式をマネしようと頑張ってはみたものの、やっぱり、どうしても肘を使ってしまう。
肘曲がらないように逆に伸ばす方向に力入れてた始末。
これじゃあ、力まないスムーズなスイングなんてできやしない。

じゃあ、常時カップリストやめて、肘使わない意識もやめて、最初から最後まで脱力してムチのように腕をしならせるビヨヨンで行こうじゃないかと。
それが先週。

でも、最初っから脱力だと、バックスイングの軌道やトップの位置が安定しない。

そこで以下の様に変更した。

1)
アドレスは常時カップリストで構えて、プッシュアウェイ~ダウンスイング~バックスイングまでカップリストを意識。
腕に程よい緊張感があり、軌道を操作しやすい。

2)
フォワードスイングに入ったら、カップリストは解けても構わない。
ほぼ脱力に近い。でも手の平にボールは収まってるイメージだけは残しとく。

3)
5歩目のブレーキで肘が曲がってきたら、肩から指先までムチのようにしならせる。
ムチの様にしなれば、その過程で「一瞬カップ」と「ブロークン」が勝手に生まれる。

一瞬カップとブロークンを意識すると、途端にスピードが下がる。
あくまで腕をしならせて、その中で自然に作り上げないとダメ。

キレイに腕をしならせるには、「最後まで振り切る!!」という意識の仕方が私には合ってた。

動画でも強調してみたけど、まあ見事に手首がカックンカックンしてることww
でもコレ、力入れて 「フガっ!!!」って一瞬カップやってないし、”親指を地面に突き刺すように”と言うようなブロークンの意識はしてない。

意識してるのは「最後まで振りぬく!!」オンリーユー。

この「振りぬく」っていうのは、ボールを前に運ぶ押すスイング自体の事ではなくて、腕をしならせることだけに絞った内容。
自分の場合、ボールを押したり引いたりするとスピードが落ちる。
スイングそのものは自然落下に任せた方がもっともスピードが乗る。

※ストレートボールなら力任せに投げたほうがスピード出るけど。

この一瞬カップとブロークンは自然になることだから、私はいいことだと思ってる。
PBA式とはもう別路線になってはいるけど。
腕のしなりは自然じゃないかもしれないけどww

| | コメント (4)

早っ!!

ビデオカメラの修理、火曜日に出して、金曜に戻ってきた。
じゃあ早速練習しますか!

まずは宣言してた

「常時カップリストで肘入れしないPBA式でチョイ投げ」

をやってみた。
少しずつトップの位置を高くしつつ、踏み込みの量も大きくしていった。


やっぱ、肘曲がってるね(肘使ってる)。
肘使わない意識しててもやっぱ曲がっちゃう。
肘にギプスとか付けてやってみたいねww
物理的に曲がらないように。
その実験、実はよかったりして!

なんで肘使っちゃうかというと、やっぱカップリストを維持できない為なんだと思う。
結局、5歩目のブレーキかかる時に、一瞬カップ的な動作でカップを作り直してるし。
もっとリストを強化しないとダメっぽい。
年齢的なものや、私の体格・資質を考えた場合、リスト鍛えてもたかがしれてる。
この先長くやっていくには、本人が「もっとも楽」と思う方法でやるのが一番だと思う。

という事で私は脱力ビヨヨン(一瞬カップ)で進めて行く事にしました。
別に宣言してまでやり方を固定する必要もないけどねww

はぐれさん!ヨロチク!ww
君は脱力一瞬カップ界のホープだ!

って事で、今の脱力フォーム。

・バックスイングを力で振り上げてる感じが強い。
・リリースしたあと、左腕が後ろまで流れてる。

| | コメント (10)

腰を入れる

一緒にローに取り組んでる会社の同僚とローダウン教室。

今日は今までにないぐらいの参加人数。10人。
いつもはMAXでも3人ぐらいだったので、ほとんど永野Pのプライベートレッスン状態だったのになぁ~

でもグリグリ回す人だったので逆に燃えた。
そして燃え尽きたw

永野P、最初の30分、じーーーっと観察。

永野P:「う~~ん、タメがまったくない訳じゃないけど、そのせいで手遅れ感が弱いなぁ~」

ええ、それはわかってます。はい。
どうすればいいでしょう?と食い下がると

永野P:「助走、走ろうか!」

耳を疑ったw
助走は歩くのが鉄則なのに、あえて走れと。

でも永野Pはこう言う。
「走るつもりでも、意外と走れないもんだよ」

いいの?いいのね?w
ほんとに走るよ?w

小走り気味に助走した。
手と足のタイミングなんて無視。

なんという事でしょう。
あれほど苦労してた、2歩目 --> 3歩目で止まってしまうクセが影を潜め、全体的にスムーズになったではありませんか。

同僚に見てもらっても「走ってるように見えないし、以前よりもスムーズになってるよ」との事。
こんな大胆なアドバイスは、プロという看板ないと無理かも。
だって、一般的に言われてる事と逆の事を言うんだもん。
結果的に走っていないみたいだけど、自分で動画を観てみないと信じられない。
その時の自分の助走のイメージは、宮城鈴菜Pだった。

それともう一つ。

永野P:「腰が入ってない。殆ど手投げになってる」

また食い下がって

単純に腰を入れるっていうより、「結果的に腰が入る」というような意識の方法はありますか?と質問。

永野P:「蹴り足の膝を内側に折ってみて!同時に腰も入るようになるから」

図で説明すると以下の様な感じ。
蹴り足が床から離れる時は、後ろから見て「くの字」になってるのが理想。
Ws000013

前後に足を開いて、この蹴り足の方を内側に折る動作をすると、勝手に腰が回る(腰が入る)のを実感できると思う。

腰が入る入らないは別として、自分は蹴り足の膝が外向いたまま蹴ってたので、ガニ股そのままでめっちゃカッコワルイと思ってた。
この、膝を内側に折る意識する事で、ミタメもかなり改善されると思う。

それとコレを意識する事でもうひとつの副産物を発見。
それは、最後の踏み込みも勝手に大きくなる事である。

蹴り足の膝を内側に折るという意識してる間は、前方に蹴る時間を長く取る事になるので結果的に踏み込む量が増える。

”蹴り足の膝を内側に折る”

たった一つの意識で、

・腰が入る
・ミタメがよくなる
・踏み込みを大きく取れる

一台三役でなんとこのお値段!!
見てください!この輝くボディーーーーーーーーーーーーーーー!(裏声)
さらに今回は「手遅れ君」もお付けしてドドーーンと皆様にご提供!

まあ、ビデオ撮影して確認してみない事にはねw
今のところはあくまで私の感覚を記事にしてみただけだし。
投げに行きたいけど、燃え尽きて体ボロボロなので今日は無理だ。

| | コメント (9)

より以前の記事一覧