« フォーム大改造中 | トップページ | 病み上がり後の大会で »

筋トレ効果絶大

ダイエットの一環として始めた筋トレ。
それがボウリングに大いに貢献してます。

3ゲーム程度で悲鳴を上げていた股関節や左ふとももが10ゲーム投げても全然痛くならない。
大会に出てもロキソニン飲む必要がなくなった。
痛みから解放されると、時間の許す限り投げたくなっちゃうw
財布の方が痛くなってきたw

因みに今のトレーニングメニュー

・自転車通勤往復40km。週に3回程度(思いっきり遠回りコース)。
・昼休みに会社の施設利用して、腹筋、腕立て、懸垂、メディシンボールで諸々。
・自宅でレッグマジックを1セット。
・土日は市営ジムでエクササイズとトレーニング機器を使っての筋トレ。

股関節、太もも痛の防止に一番役にたったのは、多分、レッグマジック
元々は足を細くしたい女性向けダイエット器具だけど、これが半端なくキツイ。
なぜ女性向けダイエット器具が家に眠ってたかは、ご想像の通りw
それを私が有効活用してるだけ。これを選んだ理由は特にない。

食生活は、朝はガッツリ食べるけど、昼はご飯は茶碗の半分で、たんぱく質中心のおかず。
夜は会社近くのサブウェイで”得サブ”オンリー。
夜に向けて摂取カロリーを減らす感じで。
習慣でやってた晩酌も一日おきにした。
大好きなラーメンは週に一回だけOKというマイルール。

2か月で体重65kg→61kg、体脂肪20%→16%まで落ちました。
それでもまだ腹が出てるww
やっぱ体重56kgぐらいまで絞らないと、腹筋割れるまで行かないかなーー

という事で、ダイエットと筋トレも趣味になりつつある。
趣味になってしまえばもう「ダイエットやるやる詐欺」にはなるまいw

目指してるのは細マッチョ。
中田英寿みたいなボディになりたいね~


そうそう、以前似た様なネタをエントリーした時に、ナナシさんから、
「足裏をうまく使う」というアドバイスをもらってる事を思い出したんですが、
最後のステップがつま先荷重だと膝が緊張しますね。

股関節や太ももが痛くならない代わりに、次は膝にクルんじゃないかって不安があるんだけど、今のところは様子見。
でも投げ終わったあとに、なんとなく膝に違和感がある。
痛くはないんだけど。これってもうヤバイのかな?

|

« フォーム大改造中 | トップページ | 病み上がり後の大会で »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はい、やるやる詐欺師総代のあらちゅうです。w

>>2か月で体重65kg→61kg、体脂肪20%→16%まで落ちました。

まじでつか。アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

僕まだ・・・。う~ん負けてらんない。

>>痛くはないんだけど。これってもうヤバイのかな?

それが続いたり、無理すると痛みが出ると思われます。

気を付けて下さいまし。

投稿: あらちゅう | 2011年12月16日 (金) 20時57分

腹筋は体脂肪率一桁になれば割れます
上腕二頭筋みたいに膨隆するタイプの筋肉ではないので、体脂肪率落とさないと見た目では分かりませんね

自分は過去最高体重の67kgに着々と近づいていますw
夏まで行っていたジムを忙しくなってやめたので、筋肉が脂肪変換されて危険です

投稿: のえみ | 2011年12月16日 (金) 23時31分

>あらちゅうさん
まだまだダイエットの途中ですからね。
もっと絞りますよw
ボウリングはそこそこ体重あった方がいいと言われてもねw
膝の違和感の件は承知しました。
さすが、膝痛マイスターw すいませんw

>のえみさん
体脂肪一桁ですか、、、、
一桁となると、もう今のメニューでも無理かな~
ラーメン喰ってる場合じゃないやw

筋肉ってほんんんとに、ちょっとサボるだけで細りますね。
アキレス腱の時にギプスしてよくわかりました。

ちなみに、腹筋は鍛えると膨隆しない代わりにどう変化していくんでしょうか?
力入れた時の硬さと、連続でできる腹筋の回数が増えていってる ってのは実感してるんですが。

投稿: じんじん | 2011年12月17日 (土) 10時42分

筋トレする事によって、筋繊維が肥大し太くみえます
腹筋ももちろん肥大して太くなるのですが、多腹筋でして一区画が小さく区切られているので、肥大してもそれが分かりにくいです
ビルダーや重量級の格闘家などを除くと、通常割れていると言われている人は、脂肪がなくなって筋腹と腱画が浮かび上がってきているわけで
脂肪がある状態で盛り上がっているわけではありません
あとは、筋肉の下にあるのが骨ではなく内臓器などの比較的柔らかい器官なので目立ちにくいのもあります

最大収縮力と筋持久力は筋トレする事により向上します
また、お腹が堅くなるのは筋トレする事によって腹腔内圧力が上昇するためです

投稿: のえみ | 2011年12月17日 (土) 11時52分

>のえみさん
詳しい解説ありがとうございます。

ちょっと関係ないことですけど、お腹って内臓という重要な器官がありながら骨で守る構造になってないんですね~
飯食って膨らむから骨があると邪魔だからか?
うまくできてるw

投稿: じんじん | 2011年12月20日 (火) 13時19分

骨で完全に守られている内臓器は、脳や心臓、肺などの生命に直結する部分だけですね
ただ、胃や肝臓などの臓器は想像しているよりも高い位置にありまして
前方は開いていますが、横は肋骨によって守られています(後ろは背骨ですね)

人間では肋骨は12対で、11・12対目は退化して直接胸骨に接続していない浮肋になっています(胸の脊柱から出ている)
でも、実は腰の脊柱にも肋骨のなごりがあります
つまり昔は肋骨によって骨盤付近まで骨でガードされていたということですね
恐らく遠い昔にはお腹が膨れるほど食べられる事はないので、防御力を重視したんだと思われます

人間の体は使わない部分はすぐに退化し、生活にあったスタイルに変化していきます
非常に面白いです

投稿: のえみ | 2011年12月20日 (火) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フォーム大改造中 | トップページ | 病み上がり後の大会で »