« リーグ戦 4week | トップページ | リーグ戦 5week »

ブロークン

リストじゃなくて、フォームを。

どうも身体を大きく使う(使おうと)今のフォームだと、意識が分散しちゃってイマイチまとまらない。
ってことで、フォームや助走をコンパクトにしてみた。

・5歩→4歩助走に
・バックスイングを低く

この2点。

今度からyoutubeに動画アップ。
タグは付けてないし、タイトルは日付だし、ここを経由しない限りやたらめったら観られる事もないと思って。
niftyは画質悪いしフレーム数少ないし、スポーツ動画は向かないと判断。

思ってる以上にバックスイング高い。
イメージは腰ぐらいの高さのつもりなのに。

バックスイングを抑えても、スピードは以前と変わらなかった。
バックスイング高くてもうまく使えてない事が証明されちゃった。

|

« リーグ戦 4week | トップページ | リーグ戦 5week »

ボウリング練習」カテゴリの記事

コメント

記事の内容とは、ちょっと違うかもしれませんが、タイトルがブロークンだったのでコメントさせてもらいます。

今日携帯で自分のフォームを撮って見てみたんですが、リリースのときにフィンガーで引っかきあげてました。

けっこう練習してるけど回転があまりかからないな~と思ってたんですが、そもそもローダウン投法ではなかったようですw

またまた失礼ですが、今度はブロークンのイメージというかタイミングというか感覚のアドバイスをください、なんでもいいですw

投稿: まさたか | 2009年12月 7日 (月) 21時39分

>まさたかさん
実は私も完全なローダウンリリースになってません。
動画でチェックするとブロークンにはなってるけども、フィンガーの掛かりが強いです。手の平に収まってる感触が殆どない。
フィンガーを下にもぐりこませて、ブロークンによってフィンガーでボール表面を舐める距離を稼いでるだけなんですよね。今の自分。
「それがローダウンだってばw」と言われればそうなのかもしれませんが、なんか違うw

で、質問の回答ですが、ブロークンのイメージですね。
ん~ 「手首の付け根で押す」っていうのがひとつありますね。
これはブロークンそのものに着目したイメージ。

それと私は、「曲げた肘を勢いよくビン!!と張る」というイメージもいいかな?と思ってます。
勢いよく肘を伸ばすと、2段テコの様に次の関節である手首が折れる(ブロークン)からです。ムチのように動きが先端に向かって伝わってくというか。
このイメージだと、ブロークン方向に力を入れなくて済みます。
但し、人によっては肘を壊すかもしれないですw

投稿: じんじん | 2009年12月 8日 (火) 01時03分

ありがとうございます!

なんかWEBボウリング講座みたいになってますけど、ホント勉強になります。

早速今日も投げてきたんですが、気付いたのは肘を伸ばしてリリースできないって事でした。
どうやら長年?の癖で肘も使ってかきあげるという投法が染みついてるようです、でもそのことに気付けただけでも収穫はあったと思います。

とりあえず今後は肘を伸ばしてリリースを課題にして練習したいと思います。
ヒジテクター導入しようかなw

では今後も動画や記事を楽しみにしてます。

投稿: まさたか | 2009年12月 8日 (火) 18時34分

初めまして、動画の撮影はどのメーカーの何という機種でしておられますか?(出来たら型番まで教えて下さい!)

投稿: MM | 2009年12月 8日 (火) 20時53分

>まさたかさん
私も最初の頃は、がんがんフィンガーでかき上げてましたよ。
あんまり肘を使ってないように見えるPBAの選手も、良く見るとリリース時に曲げた肘を伸ばしてます。
肘の曲げ伸ばしの量が大きいとスピード出ないしコントロールもつきにくいと考えてます。

>MMさん
かなりガッカリするかもしれませんが10年前のビデオカメラです。
勿論現在は製造中止。mini-DVテープですし。SONYのDCR-PC5という機種です。
今時あり得ない68万画素CCDw

投稿: じんじん | 2009年12月 9日 (水) 12時33分

さっそく有り難うございました!
わたくし、ローダウンの勉強中でまだ全然回らない男です(汗)
ブログ、凄い勉強になってます!

すると、スローはお友達のザクティでしょうか???

投稿: MM | 2009年12月 9日 (水) 20時10分

名無し改め、ボウモアです。前スレでは暖かいコメントをありがとうございました。
フォーム改良を考えておられるようですが、歩法から変えてみては如何でしょうか?
大半の方は踵から着地して踵→小指拇子球→親指拇子球と重心移動するのですが、これを中心軸動作と云います。簡単に云うと床を蹴って前方に進む動作です。この難点はバランスが崩れ易い事と体幹が捻れ易い事です。不必要な捻れによってトップ位置が高くなり、捻れ戻しで脇が開き易くなる現象に陥りがちになります。
推奨する歩法はアウトエッジ歩法で、重心移動は踵→小指拇子球のみ、、膝を抜いて前方にバランスを崩しながら進む歩法です。上半身の前傾は最小限に留めた方がいいです。
この歩法は体幹を2つの軸で支える事になり、バランスが飛躍的に良くなります。僕の場合は滑る滑らないのアプローチ状態にも悩まされなくなりました。

僕もアラフォーですが、年々体力と筋力が衰えていくのを感じて、爺になっても続けられるようにと省エネ投法を模索したのが5年前です。それまではピンヒットまで2.3秒・5回転/秒ほどでした。省エネを追求したにも関わらず、今はいずれの数字も上向きました。今までどんだけ無駄な動作をしてたんだって事ですねw

お会いした事は勿論ありませんが、管理人さんのような方でしたら…望まれるのでしたら、僕の知ってる事をお教えしたいと思います。小指先行の真理とか肘が曲がり過ぎる原因とか...あ…大きなお世話だったらすみません。
m(_ _)m

投稿: ボウモア | 2009年12月10日 (木) 01時20分

>MMさん
正しいかどうかなんて良くわからないで書いてるので、参考にするのもほどほどにお願いしますw
当ブログにアップしたスーパースロー動画は知り合いのザクティですね。
型落ち品だったらしく4万ぐらいで買えたそうです。


>ボウモアさん
それは2軸歩行(走法)というやつですかね?
2軸に関しては昔かじった事があるんですが(自転車競技で)、実際に2本の軸を感じるまでに至らなかったので諦めましたw
説明の中で「膝を抜いて」とありますが、それは「膝に力を入れて踏ん張らない」と解釈すればいいですか?
ちなみにその2軸歩行は普段の生活の中でも意識する事は可能ですよね?

聞きたいこと沢山あるんですが、まずはビデオチェック時にどうなってればアウトエッジで2軸歩行できてるかわかりますか?
言い換えると、ボウモアさんが私のどの部分をみて中心軸動作だと判断しかのか? でもいいです。
ちなみにプロボウラーで2軸歩行を取り入れてると思われる人はいますか?
それがわかればそのプロの動画を参考にするのもよいのかな?と思いまして。

小指先行の真理、、、肘が曲がり過ぎる原因、、、もうコメントの欄では足りませんwww

投稿: じんじん | 2009年12月10日 (木) 13時57分

はじめまして、Kureと申します。
ずっとROMさせていただいており、参考にさせていただいております。
今回のじんじんさんとボウモアさんとのやり取りが、すごくためになりそうで興味津々です。
ぜひ続きをお聞かせください。

投稿: Kure | 2009年12月10日 (木) 22時43分

ボウモアです。

>2軸歩行というやつですかね?
→その認識でも問題ありません。

>「膝に力を入れて踏ん張らない」と解釈すればいい…?
→問題ないとは思いますが、基本的には右足が着地すると同時に体重は右股関節に乗せて、左足が着地すると同時に左股関節に…というようにやれば膝を抜き易く、進行方向にバランスを崩しながら進み易くなります。

>普段の生活の中でも意識は可能…?
→そうですね。満員電車ならアウトエッジで立つ事によって揺れに対応出来ますし、雪国で凍った路面を歩く時など最高の練習かと。ww もちろん普段の歩行で意識すればアウトエッジ感覚は養われると思います。また、簡単なバランスボードを自作するのも良いかと思います。

>どの部分を見て中心軸動作と判断したか…?
→左肩関節・左腕の使い方に難がありそうな点を除外して見ても、両肩が前後に…要は左肩が後ろに右肩が前に…という現象が見て取れたからです。これは中心軸動作の特徴です。
f^_^;これだけでは分かりにくいですよね。
試しに、まず最終ステップの形で立って見てください。まず左足、、右足は左足から1㍍くらい間隔をおいて左肩後方に爪先立ちで。。
そうしたらアウトエッジ(踵と小指)に重心を乗せて両肩を前後に動かしてみてください。その稼働域を確認したら、次はインエッジ(踵と親指)で立って両肩を動かしてみてください。
稼働域の違いを感じれたでしょうか? 後者について説明すれば、親指に重心移動させる=次動作の準備に等しいので上半身はおろか、膝関節も力を入れない限りはユルユル…安定しないはずです。これが中心軸動作の特徴です。膝に故障を抱えている人の多くがこのタイプだと思われます。

>プロボウラーで2軸歩行の人は…?
→んー、あまり観察してないので。。ただ、リリース時に両肩が極端に前後する人はそうでないと云えるくらいです。ロバート スミスやスティーブ ホスキンスあたりは理にかなった上半身の使い方なので、あの動きを支えるという意味では2軸歩行の可能性は高いと思います。日本では水野Pのトップ位置のフォームを写真で拝見する限りは、体の線が細いので2軸でなければ支え難いのではないかと勝手に想像してますww

投稿: ボウモア | 2009年12月11日 (金) 01時24分

>Kureさん
初めまして。
ボウモアさんの引き出しが空っぽになるまで頑張りますw


>ボウモアさん
質問に対し全て回答して頂きありがとうございます。

まずはアウトエッジ電車通勤してみますw
つり革つかむ必要なかったりして。

可動域の体感方法の説明で、どう解釈していいかわからなかったところがあったので教えてください。

>>まず左足、、右足は左足から1㍍くらい間隔をおいて左肩後方に爪先立ちで。。


とはいえ、前後に足を開いてアウトエッジで立つだけでも、下半身がどっしりと安定してるのはわかります。
これをボウリングに生かすのは、まだまだ鍛錬が必要だとは思いますが、今までとは違ったアプローチで為になりました。

この方法をちょっと試して新たな発見を感じたら、記事にしてみたいと思います。

投稿: じんじん | 2009年12月13日 (日) 18時41分

ボウモアです。

最終ステップのみならず、助走時にもアウトエッジを取り入れると無意味ゾーンの腰の捻れを抑制でき、いい意味で窮屈感を実感するフォームになるかと思います。

小指先行・肘の曲がり・効果的なカップリストの作り方・高スピード&高回転&コントロールを犠牲にしないリリースetc...これらはアウトエッジ感覚が身に付いたら改めて質問してください。一度に詰め込み過ぎてもどうかと思いますので。。

また、もし質問されるのでしたら、それ用の掲示板をアップしてURLを貼ったので、質問の際はそちらにスレを立ててください。私がレスすると長文で堅い内容になるし、こちらの和気あいあいの雰囲気を遮断すると思いますので。。

まずは210アベ、
1年後は220アベ..ホームでの大会アベなら十分到達出来る域だと思いますので、頑張ってください。

投稿: ボウモア | 2009年12月15日 (火) 00時43分

>ボウモアさん
現在、アウトエッジ通勤実施中ですw
近々それを意識した投球動画をアップしますので
ちゃんとそうなってるか観てくださいませ。

わざわざ掲示板まで立てて頂いてありがとうございます。
そちらを利用させてもらいます。
他の人も利用していいんですかね?

210アベを「まずは」っていうのはハードル高すぎですw

投稿: じんじん | 2009年12月16日 (水) 21時44分

ボウモアです。

ホームで210アベは今時のボール性能を考えれば10年前の200アベと同等かと思いますよ。。
まぁコントロールが必要ですが、動作過程を確立すればほぼクリア出来ると思います。

掲示板ですが、他の方の利用は差し控えさせていただいてよろしいですか? 長期的な運営は考えていませんので。。
もしも閲覧したいという方がいらしたら、オープンにならない方法でURLを伝えていただければと思います。

スレ立てですが、こちらで時間がある時にテーマ別に立てて、大まかな説明とコツを書いておきます。理解し難い部分があったら、その旨の質問をレスしてください。

テーマは…
小指先行説の弊害
ブロークン説の弊害
○○による重心移動の効果
△△による重心移動の弊害
右肩

手首
左腕
各関節の特徴
各筋肉の特徴
etc.
まぁゆっくりやらせてください。

ちょっとだけ関節の話。。バックスイングトップで肩甲骨は背骨側寄りがちなんですが、そうなるとある弊害が生じます。そういう事も書いておきますので、参考までに読んでみてください。

そういえば、先日本屋でボウマガを立ち読み(笑)したのですが、佐藤まさみPのフォームが載ってました。

投稿: ボウモア | 2009年12月22日 (火) 00時39分

連レスすみません。
前レスが中途半端に途切れたので(^_^;

佐藤まさみPのリリースからフォロースルーにかけての左腕の使い方が素晴らしく効果的なので、参考にしてみてください。

投稿: ボウモア | 2009年12月22日 (火) 00時44分

>ボウモアさん
掲示板非公開の件は了解しました。
ボウモアさんの連載楽しみにしてますw

ちかくにボウマガを立ち見する本屋がないですw
でも買うにはあの厚みは高すぎるw

投稿: じんじん | 2009年12月25日 (金) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リーグ戦 4week | トップページ | リーグ戦 5week »