« 訂正とお詫び | トップページ | 永野すばるプロ 投球動画 »

ローダウン教室にいってきました

っていう、お土産を買ってきた訳じゃないw

今回は永野P。
今までと違う指摘を受けた。

・スイングの中で一体感がない。トップから肘入れするまでと、肘入れしてからカップ⇒ブロークンがまるでバラ売り状態
・一瞬で全部やろうとしてて、手首に力が入ってる

心も体もバラ売りするのはBoowyのImageDownなのだが、スイングがばら売り状態とは。

でもこれを言われた時にすぐにピンときた。
ハイレブ練習会でも講師に言われた「スイングがギクシャクしてる」ってやつだ。

プッシュアウェイでボールを出したら、超脱力して振り子運動に身を寄せてあなたの温もりをもっと感じていたいぐらいの意識でやっており、意識して力を入れるポイントは

・肘入れしてからの一瞬カップ&ブロークン
・親指を倒す方向でAR調整

これを一瞬で全てやろうとしてるから、動作に緩急つきすぎてギクシャク感がでるし、又、ちょっとでもタイミングずれると大失投。
実質、「成功」の感触得られる投球は5回に1回程度だった。

そこでこんなアドバイスをされた。

「トップから振り下ろす時に軽くカップする代わりに一瞬カップはやらないようにして、リリース時のリストアクションはブロークンだけを意識してみて」

ガッツリカップリストを意識すると、腕全体がカチンコチンになってしまうので
”人差し指に軽く力を入れて「俺は今PBA選手のようなカップリストになってる」”
と暗示をかけてスイング。リリースポイントではブロークンのみを意識するようにしてみた。

こりゃあいい!!
でもブロークンのタイミングが遅すぎるせいか、まだまだフィンガーに乗りすぎてる。
まあでも今掴んだばかりの感触だし、ブロークンのタイミングを色々変えながら煮詰めよう。

永野Pの投球動画をみると、肘入れからのリストアクションが一瞬で「シュパッ!!」となってるので特殊な動作に見えてしまうけど、実はシンプルなことをスムーズにつなげた結果がああなのかなーと思いました。

一瞬カップって、意識してやるのはやっぱよくないのかな~
でもやり始めの頃って、いきなり全ての動作をスムーズに繋げられる訳ないので
一瞬カップのような動作を意識するのも習得過程では間違っちゃいないと思う。
最終的にスムーズに繋げられればいい。

|

« 訂正とお詫び | トップページ | 永野すばるプロ 投球動画 »

ボウリング練習」カテゴリの記事

コメント

何だか、自分も同じコト言われるので納得です。
ちなみに、最初からガッツリカップで振ってます、自分。

勉強になるなぁ~・・・と。
このブログの存在、マジでありがたいです。

投稿: 8 | 2009年4月11日 (土) 22時15分

一瞬カップでリリースを安定させるのは滅茶苦茶難しいと思います。
なぜならリリースの瞬間に、カップ作成→AT/AR決定→ブロークン
という工程を必要とするからです。
カップしたままのスイングならば、カップ作成→AT/AR決定の工程は
スイング中に済ませておけるので、リリース時には
ブロークンのタイミングのみに集中することが出来ます。
スイング中にカップが作れるなら、このやりかたの方が圧倒的に簡単です。

>「トップから振り下ろす時に軽くカップする代わりに一瞬カップは
> やらないようにして、リリース時のリストアクションはブロークン
> だけを意識してみて」
このアドバイスはつまりそういうことです。
人によってカップを作るタイミングはまちまちですが
(例えばショーンラッシュはフォワードスイングに入る瞬間にカップ、
 クリスバーンズはスイングに入る前からなど)余裕を持ってブロークンの
動作に入れるならばどこでも良いと思います。
ちなみに自分はスイングに入る前からカップとARを固定しています。

>プッシュアウェイでボールを出したら、超脱力して
こう書いてありますが、完全に脱力するのは間違いです。
脱力とは力を抜くことではありません。
必要な部位に力を入れて、その他の部分はリラックスしていること
これが脱力です。
前のエントリにあったキツサムは、そのためにあります。
サムに力が入っている=カップが作りづらい
だからサムがリラックスできるように、サムをきつめにするのです。
(サムがきつ過ぎてもブロークンの弊害になります。何事もほどほどに)

個人的にはフィンガーに乗りすぎるくらいに乗るのは良いことだと思います。
ただし、かき上げの動作をしない場合にかぎりますが。

投稿: ハル | 2009年4月12日 (日) 02時56分

>8さん
そう言ってもらえるとありがたいですけど、ご存知の通りまだまだですから。
8さんも似たようなコト言われるって事は、みんなこの辺が習得過程でぶち当たる部分なんでしょうね。

>ハルさん
ためになるアドバイスありがとうございます。
試行錯誤して「脱!一瞬カップ」に取り組みたいと思います。
「超脱力」はガッチガチに力んでた頃から、どうやって脱力していいかわからなかった頃の突破口として導入していました。
今は今回の教室やハルさんの指摘で、要領がわかってきた感じがします。

投稿: じんじん | 2009年4月13日 (月) 15時15分

このブログはお世辞抜きに『本当にありがたいなぁ』と僕も思います。
かゆいところに手が届く”孫の手”のようなw

僕も自分の投球を確認していてそれ(バラ売り状態)を感じていました。
永野プロ、ハル氏のご指摘・アドバイスも実に納得。

はたから見れば、回転もあって球威もあるように思われて、
実際ここのところたまたま異様にスコアが出ているので上級者扱いされたりするんですが、
本音を申せば「全然進歩してねぇ」と足踏み感ジレンマ満点です orz

このブログがこんなにありがたく思えるのは、実際に自分が壁にぶち当たって悩みまくってるからでしょうね。「そういうことか!」と体の感触で分かるまでには時間がかかるでしょうが僕も頑張ります。

投稿: Mors Ab Alto | 2009年4月17日 (金) 01時35分

>モスさん
そんな事言われると私が痒くなって孫の手が必要になりそうですw
モスさんの「飢餓感」にはほんと恐れ入ります。

投稿: じんじん | 2009年4月17日 (金) 12時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 訂正とお詫び | トップページ | 永野すばるプロ 投球動画 »